FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.08

光明寺 650年祭記念講話「斯波兼頼と光明寺」への参加

記念講話の講師は、山形の開祖 斯波兼頼公に関する文書を先ごろ翻訳された
最上家の歴史研究家 片桐繁雄先生。例年、山形市 七日町5丁目光明寺にて
実施されている斯波兼頼公開山忌法要ですが、今年は斯波兼頼公が山形に
入部されて”650年”の節目の年ということで、法要の前に記念講話が執り行われる
ことになりました。

光明寺住職のご好意により、壇信徒向けの講話に、今回特別に墓地研メンバーも
参加させて頂くことができました。

IMG_6848_L_mini.jpg
山形の開祖 斯波兼頼公について壇上で語る片桐繁雄 先生。

IMG_6838_mini.jpg
光明寺にある斯波兼頼公のお墓。山形の歴史を作ってくれた方のお墓です。

IMG_6811_mini.jpg
光明寺入り口の忌法要の看板。門に刻まれているのは光明寺の家紋。

IMG_6819_mini.jpg
こちらは住職さんの河野家の家紋。2種類の家紋は
寺の外を囲う塀に石で嵌め込まれています。
この記事へのトラックバックURL
http://bochiken.blog112.fc2.com/tb.php/37-33b32c17
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。