• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.26

仕事現場の模様-石の浄朝(有)_2008年8月

IMGP0085_mini.jpg
山形県で採掘される「蔵王石」を使ったデザイン墓(山形市桜田)です。

IMGP0087_mini.jpg
お墓の上部に鎮座するモニュメントは、石の浄朝(有)代表の吉田朝夫氏による工芸作品を使用したもの。山形県総合美術展覧会(県美展)において、2006年に奨励賞を受賞した工芸作品(※)です。台座に彫られた「絆」の字は機械彫りではなく、昔ながらの手彫り加工によって彫られたもので、石の浄朝さんの”こだわり”が感じられます。

IMGP0084_mini.jpg
このマークは、石の浄朝(有)オリジナルの地下納骨堂-やすらぎ石室(いしむろ)が使われていることの証し。【地下納骨堂-やすらぎ石室 ⇒コチラ

IMGP0094_mini.jpg
外柵部分には『ノコ引き仕上げ』や、『水磨き仕上げ』の面の他に、自然の風合いを表す『コブ出し仕上げ』の面もあり、入り口付近には自然石を活かした植栽スペースも設けられています。無骨な表情を併せ持つ「蔵王石」ですが、そこに繊細且つ卓越された技術が加わることで、芸術作品を思わせるデザイン性の高いものに仕上られています。

IMGP0099_mini.jpg
周囲の景観も意識されたデザインでありながら、蔵王石の持つ独特の風合いを最大限に活かしたデザイン墓です。

IMGP0101_mini.jpg IMGP0089_mini.jpg IMGP0086_kmini.jpg

◇山形県山辺町作谷沢 石の浄朝(有)ホームページ ⇒コチラ
◇蔵王石の採掘・加工・販売 司組運輸機工㈱石材事業部 ⇒コチラ 
(※)・・・墓地研での取り組み 「技術と感性を磨くための工芸作品の出展」 ⇒コチラ

================================

今年も山形市の山形美術館を会場に、山形県総合美術展覧会(県美展)が行われます!山形展会期は平成20年9月6日(土)~9月21日(日)まで[9月16日(火)は休館]です。この機会に、是非お立ち寄りください。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。